愛知県東郷町にあるみやけ整形外科の首の症状

0561-38-8600

首の症状 Neck

首の症状

首の凝りは血流の流れの悪化によることが多いです

首は脳から全身へと重要な神経が通っている場所です。
首の筋力低下や姿勢の悪さ、血液の流れが悪化したことにより、首の凝りは生じており、そのまま放置していると、首を通る大切な神経にまで悪影響を与えてしまうかもしれません。少しでも首に違和感や痛みを感じたらお気軽にご相談ください。

このような症状はありませんか?

  • 首が痛い
  • 首の凝り
  • 首が動かない
  • 首が回らない
  • 首が曲がらない
  • 首に違和感がある
  • 首がだるい など

代表的な疾患

首の代表的な疾患について紹介します。

頸椎椎間板ヘルニア

首や肩、腕に痛みやしびれ(神経根の障害)や、箸が使いにくい、ボタンがかけづらいといった症状、足のもつれや歩行障害が引き起こされることもあります(脊髄の障害)。
背骨をつなぐためクッションの役割をしている椎間板が、後方に飛び出すことによって起こります。そして飛び出す場所によって、神経根か脊髄、または双方の圧迫が生じます。
加齢変化による場合が多く、30~50歳代のときに、誘因なく発症したり、姿勢の悪さやスポーツなどが誘因になる場合もあります。

胸郭出口症候群

腕を上げる動作の際にしびれたり、肩、腕、肩甲骨周辺に痛みが生じます。また、手の小指側に疼痛や刺すような痛み、しびれなどの感覚障害が現れ、握力低下、運動麻痺が生じることもあります。鎖骨の下には頸椎から両手の先に伸びる神経や、血管が通っており、この神経や血管が鎖骨の下で肋骨との間に挟まり、圧迫されるのが原因です。

頚椎症

肩甲骨付近の痛み、肩から腕や手にかけての痛み、しびれが生じます。軽い痛みから耐えられない痛みまで、程度はそれぞれです。
加齢による椎間板の変性(椎間板の膨隆、骨棘の形成)で、頸椎の脊柱管(骨の孔)の中にある脊髄が圧迫される頸椎症性脊髄症、脊髄から分かれて腕に伸びる神経根が圧迫、刺激される頸椎症性神経根症があります。これらは合併して発症することもあります。

ストレートネック

慢性的な首の痛み、肩こりの症状が現れます。進行すると、頭痛・片頭痛、手足のしびれ、めまいなどが引き起こされます。
本来30~40度の湾曲がある首の骨が、姿勢の悪さや頸椎の疲労により、まっすぐになってしまう状態です。長時間うつむいたままのパソコン作業、ダンスなどで過度に姿勢矯正することも原因となります。